ディラー下取りと買取業者への売却はどちらがよい?

「ディラーでの下取り」と、「業者の無料査定、売却」の割合ですが、今はまだディラーでの下取りが多いと思います。

 

が、最近ではマイカーの価値をかなり高くできることと、現金化の早さ・・・など多く面において「車を売却する方」が多いです。
買取業者への売却は車を売る方、買う方においてメリットが多いからです。

 

こちらでは「下取り」と「無料査定、売却」の比較をしています。
車を買換える際はじっくり確認して、「下取り」か「無料査定、売却」をお選び下さい。

 


>> 車のローンが払えない場合に今の車の買取価格調査ができます。

 

車の下取り 車の売却

乗り換えのラクさ。
車の乗り換えがスムーズにできるか?

 

ディラーでの車購入、納車のタイミングと同時にしてくれる。

 

書類の準備など多少時間が必要。交渉、競合する場合も時間が必要。
新車納入待ち(人気車種の場合など)は、売却と新車納車の乗り換えタイミングが難しい。
買取業者によっては新車納入のタイミングで再度査定してくれるので、要確認。

交渉できるか?
処分金額ができるか?

 

交渉可能。そのメーカ購入が前提。
ただし、本来の値引きが査定額に組み込まれる場合もあり安く引き取られる事が多い。

 

交渉可能。他社との競合で売却額を引き上げましょう。

金額の透明感
引取りしてもらう車の査定額がはっきりしているか?

 

不明。下取りの価格がはっきり提示されず、ディラーで違いが大きい。

 

透明性が高い。買取希望額と売却希望額の交渉ができる上、他社との競合もできる。

金額の満足度
査定、引き取り額、売却額における満足度。

 

不明点が多い。下取りの価格がはっきり提示されず、ディラーで違いが大きい。
新車の値引きと古い車の下取り価格をごっちゃにする傾向がある。
同じディーラーは少しだけ高めに引きとるという殺し文句がある。

 

満足。平均売却額の提示がある。競合&交渉できる。

金額面
引き取ってもらえる額について。

 

今までほとんど交渉ができない。ディラーの言いなりというか、提示額でほとんど決まる。

 

満足。競合&交渉できる。

総合的な結果
お金、時間、手間、気持ちの部分を含めての下取りと売却のメリット、デメリット

 

下取り額と割引額が合算され、金額面のメリットは少ない。下取り額に関係なく、早く買換えたい場合などはディラーがすぐ対応するので下取りがオススメ。

 

交渉、必要書類の手間は多少かかるが、無料査定、各社との希望額の交渉などができ、金額面でのメリットが大きい。乗り換えでなく車の処分をする場合もオススメ。

 

新車の乗り換えるとき、購入予定の新車が納車待ち、時間がかかり待たされるという場合以外では、車の処分は買取業者さんへの売却がお得ですね。

 

現金化を急ぐ場合、車の乗り換え等もない場合は「まったくデメリットもないので」買取業者さんへの車売却がお得となります!

 

>> 車のローンが払えない場合に、マイカーの現金化をしたい場合はコチラをチェックされてください。

車のローン金利と借り換えについて

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、スズキなどのディラーローンは一般的に金利は高目といわれています。(ただし、保証料等がない、メンテ等がラクというメリットがあります。実質的には銀行等に比べて安くなるパターンも・・・。)

 

今現在、自動車ローンの支払いが滞納しがち、毎月の支払がきつくて家計を圧迫している・・・という方は、お住まい近くの銀行やネット専業の銀行、ゆうちょ銀行、JAバンク、ろうきん(労金)などで借り換えができないかチェックしてみましょう。

 

自動車ローンの金利は一般的に住宅ローンと比べて長期的ではない(1年〜3年、長くて10年程度)ので、金利は高めです。それでも各種キャンペーンだったり、ご自分が所属している団体で共済や互助会等があり、自動車ローンを組める場合はそちらの金利の方が安くなる場合があります。

 

↓実際に比較してみました。

 

トヨタディラーのアクアを新車で購入した場合の実質金利
約3.8%程度(調査時)

 

東京三菱UFJ銀行:ネットDEマイカーローン
変動金利:年2.975%

 

三井住友銀行マイカーローン
変動金利型:4.475%

 

JAバンク(マイカーローン )
2.8%(最低金利の場合の実質金利)

 

上記のようにかなりバラバラです。自動車ローンの金利は統一ではないということがよくわかると思います。

 

しかし、ディラー以外の銀行、保証会社、JAやろうきんの場合、広告やチラシで表示されている金利が安くても、保証料が別の場合があるので注意しましょう。
また、給与や公共料金の払い込み口座にJAを利用している」など、所定の条件を満たしていれば低金利になるという条件があり、その条件を満たさなければ、最低金利では借りれないということも覚えておきましょう。

 

金利の比較は大変ですが、もしローンの借り換えで毎月の支払が可能になるなら自動車ローンの借り換えは是非実行すべきです。

 

ただ、借り換えのデメリットがメリットよりも多いと考えた場合は、早めに車の処分を考えたほうがよいかもしれません。


車のローン返済が厳しくなったら高値売却を!