ディラー下取りと買取業者への売却はどちらがよい?

ディラーでの下取りと、業者の無料査定、売却の割合ですが、今はまだディラーでの下取りが多いと思います。

 

が、最近ではマイカーの価値を高くできることと、現金化の早さ・・・など多く面において「車を売却する方」が多いです。
買取業者への売却は車を売る方、買う方においてメリットが多いからです。

 

こちらでは「下取り」と「無料査定、売却」の比較をしています。
じっくり確認して車を買換える際は「下取り」か「無料査定、売却」をお選び下さい。

車の下取り 車の売却

乗り換えのラクさ。
車の乗り換えがスムーズにできるか?

 

ディラーでの車購入、納車のタイミングと同時にしてくれる。

 

書類の準備など多少時間が必要。交渉、競合する場合も時間が必要。
新車納入待ち(人気車種の場合など)は、売却と新車納車の乗り換えタイミングが難しい。
買取業者によっては新車納入のタイミングで再度査定してくれるので、要確認。

交渉できるか?
処分金額ができるか?

 

交渉可能。そのメーカ購入が前提。
ただし、本来の値引きが査定額に組み込まれる場合もあり安く引き取られる事が多い。

 

交渉可能。他社との競合で売却額を引き上げましょう。

金額の透明感
引取りしてもらう車の査定額がはっきりしているか?

 

不明。下取りの価格がはっきり提示されず、ディラーで違いが大きい。

 

透明性が高い。買取希望額と売却希望額の交渉ができる上、他社との競合もできる。

金額の満足度
査定、引き取り額、売却額における満足度。

 

不明点が多い。下取りの価格がはっきり提示されず、ディラーで違いが大きい。
新車の値引きと古い車の下取り価格をごっちゃにする傾向がある。
同じディーラーは少しだけ高めに引きとるという殺し文句がある。

 

満足。平均売却額の提示がある。競合&交渉できる。

金額面
引き取ってもらえる額について。

 

今までほとんど交渉ができない。ディラーの言いなりというか、提示額でほとんど決まる。

 

満足。競合&交渉できる。

総合的な結果
お金、時間、手間、気持ちの部分を含めての下取りと売却のメリット、デメリット

 

下取り額と割引額が合算され、金額面のメリットは少ない。下取り額に関係なく、早く買換えたい場合などはディラーがすぐ対応するので下取りがオススメ。

 

交渉、必要書類の手間は多少かかるが、無料査定、各社との希望額の交渉などができ、金額面でのメリットが大きい。乗り換えでなく車の処分をする場合もオススメ。

 

新車の乗り換えるとき、購入予定の新車が納車待ち、時間がかかり待たされるという場合以外では、車の処分は買取業者さんへの売却がお得ですね。

 

現金化を急ぐ場合、車の乗り換え等もない場合はまったくデメリットもないので、は買取業者さんへの車売却がお得となります!

車のローン返済が厳しくなったら高値売却を!